子どもの足が臭いがヒドイ!家族で一緒にできる足クサ対策を紹介!

息子の足がいつの間にかひどい臭いに!

 

 

 

はじめまして、私は2人の子どもを持つ主婦です。

 

 

 

突然ですが、子どもの足の臭いってチェックしてます?

 

普通はあまり気にしないと思います。

 

私も全く気にしたことがありませんでしたが、いつからか5歳になる長男の足が

 

もの凄く臭くなっていたんです。

 

 

 

 

気づいたのは部屋が何か臭いな〜と思った事がきっかけでした。

 

納豆臭いというか、何かが発酵した臭いが部屋のどこからともなもなく臭ってきて

 

原因を探していたところ、息子の足に辿り着いたんですね。

 

その日から急に臭くなったのか、それ以前から徐々に臭くなっていったのかはわかりませんが、

 

とにかく強烈な臭いでした。

 

息子に「足臭いよ」と言うと、自分で臭って「うぎゃっ!」と悲鳴をあげてましたね(笑)

 

 

 

 

 

その日から一緒にお風呂に入った時には、足を丁寧に洗わせることにしました。

 

その前からもちろん、身体の洗い方は教えていたんですけど、足は適当に洗ってたんじゃないか

 

と思ったんです。

 

 

 

しかし、私と一緒に綺麗に洗った後でも、息子の足の臭いはすぐに復活してしまいました。

 

後で説明しますが、足が臭い人は足を普通に洗うくらいでは落ちないんですよね…。

 

 

 

「え?洗ったのに臭い取れないの?」

 

当時の私は困ってしまい、間に合わせで市販の消臭剤なども使ってみました。

 

 

 

しかし使い始めてからも、同じ保育園に通うお友達に

 

「○○君(長男の名前)の足がね、臭いの」

 

みたいなことまで言われるようになったんです。

 

消臭剤は一時的にしか効果がなく、ほとんど意味がなかったようです…。

 

 

 

 

 

今はまだ良いけど、小学校に入っても臭いままだったら、

 

いじめや仲間外れにされてしまうかも…。

 

 

 

 

私はそんな危機感を抱き、早めに足の臭いを解決するために、

 

息子の足の臭いを消すための方法を探し始めたのです。

 

その結果、今では息子の足の臭いはすっかり解消!

 

当サイトではそんな私が勉強したことや、やったことについて書いてみようと思います。

 

子供の足が臭くて困っているというお父さん・お母さんはは参考にしてみてくださいね。

 

子どもの足が臭くなるのはなぜ?

 

 

 

子どもの足が臭いと、保育所や友達の家に遊びに行った時に迷惑かけたり、

 

最悪いじめに繋がったりもすると思います。

 

親としても子どもが臭いままなのはちょっと恥ずかしいですしね。

 

 

 

足が臭くなるのって大人だけのようなイメージが勝手にありましたが、

 

実は子どもでも大人でも足が臭うのはあまり変わらず、うちの子以外にも足が臭くて悩んでいる

 

人は結構いるようです。

 

足が臭い人って大人でも沢山いますが、やっぱり嫌がられますよね。

 

将来子どもが足が臭いせいで避けられるなんてことがないように、親が小さいうちにしっかりケアして

 

あげるのが大切ではないでしょうか。

 

 

足が臭くなるのは3つ要素が重なった時!

 

 

 

足が臭くなるメカニズムをご存じですか?

 

「汗で蒸れると臭くなる」ってイメージは多くの人が持っていると思いますが、実は足の汗はほぼ無臭です。

 

 

 

ただ汗が出ると靴下や靴の中が高温多湿な環境になるのが問題で、

 

ジメジメした環境を好む雑菌が活発に動き出し、大繁殖を始めてしまうんです。

 

大繁殖した雑菌は足の古い角質を食べ、イソ吉草酸(いそきっそうさん)という強烈な臭い成分を分泌。

 

これが足が臭くなっている原因なんです。

 

 

 

まとめると、

 

  • 汗をかいて蒸れる
  • 雑菌が増殖する
  • 足についた古い角質を食べる

 

この3つが重なって臭いにおいになるんですね。

 

 

 

 

 

ちなみにイソ吉草酸は、「納豆臭い」「チーズ臭い」というような発酵臭が特徴で、

 

その強烈な臭いは、国の法律「悪臭規制法」でも規制対象に入るほど。

 

僅かに付着しただけでかなり臭うので、部屋にいるだけで「臭い」と感じてしまうんですね。

 

更に厄介なことに「一度付くとなかなか取れにくい」と言われ、

 

普通のボディーソープで洗っても臭いが復活するのはこのためです。

 

 

こんな厄介な臭いを引きずらないようにここからは具体的な対策をご紹介したいと思います。

 

子どもは汗をかきやすい

 

 

 

子どもは大人よりも新陳代謝が良く、汗をかきやすいです。

 

それ自体は健康的でとても良いことなのですが、こと足の臭いに関してだけはこれが

 

悪影響になってしまうんです。

 

上でも書きましたが、汗が多いとそれだけ雑菌が繁殖しやすくなってしまうからですね。

 

 

 

小さい子どもにとって異常でもないですし、汗を止める手段を考えるよりも、

 

汗で足が蒸れにくくするような方法を考えた方がいいと思います。

 

 

靴下や靴を通気性の良いものにする

 

 

 

子どもの場合運動靴やスニカーが多いと思いますが、中にはオシャレな革製の靴などを

 

履かせている場合もあるかもしれません。

 

ただ、、こういった靴は運動靴などに比べて通気性が悪く、汗や熱が靴の中に籠ります。

 

靴下も大人用みたいなポリエステル・ナイロンといった化学繊維の靴下は蒸れやすくなります。

 

 

 

大人で足が臭くなる原因は大半がこのような蒸れる靴や靴下(ストッキング)によるもの。

 

大人よりも汗が多い子どもならなおさら臭くなる可能性は高いですね。

 

日常履くものは運動靴や綿製の靴下など通気性の良いものを選ぶのが無難でしょう。

 

 

靴下を履きかえる

 

 

 

保育園や幼稚園から帰ってきると、既に足はベトベトになっているはず。

 

そのままにしておくと当然足が臭くなりやすくなります。

 

帰ってきたら一旦足を除菌しートで拭くなどして、新しい靴下に履き替えさせると

 

多少足汗で蒸れている時間が短縮されます。

 

 

 

これはさほど臭い対策としては効果がないとも言われていますが、部屋をあまり汚したくない

 

お母さんはやっておいて損はないと思います。

 

 

靴や靴下に雑菌が繁殖している

 

 

 

靴を履いている時は誰でも足が蒸れやすくなりますよね?

 

この時繁殖した足の雑菌は、靴や靴下にも付着してしまいます。

 

足から靴・靴下に移動した雑菌はそのままにしておくと中で生き続け、靴を履くたびに

 

雑菌が増えてしまうんです。

 

また雑菌が分泌するイソ吉草酸が靴や靴下に付着した場合、例え足の臭いがなくなっても

 

靴・靴下を履くことで臭いが移ってまた臭くなるってことも起こります。

 

 

 

足の雑菌対策ももちろん重要ですが、それと同じくらい普段から履く靴には充分注意する

 

必要があるんですね。

 

靴を乾燥させたり洗う

 

 

 

1日履いた靴はどんなに足が綺麗でも、雑菌が全くつかないなんてことはありません。

 

そこで靴についた雑菌をなるべく次履くまでにケアすることが大切です。

 

 

 

その一番効果的な方法は、毎日同じ靴を履かせない、ということ。

 

同じ靴を毎日履いているって子も少なくないと思いますが、毎日同じ靴を履き続けると、

 

靴の中がずっと汗で濡れている状態をキープして、雑菌が増殖し続ける一方になってしまうんです。

 

 

 

そこであらかじめ子ども用の靴を3〜4足ほど用意しておき、それを毎日順番に回していくのがおすすめ。

 

その間に履いた靴は、天日干しで靴の中を乾燥・殺菌しておけば、次回履いた時に

 

雑菌がいない状態をキープすることができます。

 

子どもはすぐサイズが大きくなるので靴を沢山買うのが勿体ない気もしますが、

 

一足高い靴を買うくらいなら複数買う方が足の臭いは防げることは間違いありません。

 

 

 

また、臭いが気になる場合には靴についたイソ吉草酸を取るため、なるべく小まめに洗うことを

 

おすすめします。

 

本当にヤバイ臭いの時は1週間に1度くらいのペースでもいいと思います。

 

 

殺菌・消臭効果のある中敷きを入れておく

 

 

 

もう1つの方法としては、靴の中に殺菌・消臭効果のある中敷きを入れるという方法があります。

 

これで多少は靴の中の清潔さが長続きすると思います。

 

ただ、子どもが激しく動き回っているとすぐに中敷きはボロボロになりますし、効果自体も最初だけ

 

なので、小まめに買い替える必要があります。

 

 

 

靴も複数用意して、中敷きも買い替えて…となると結構大変ですし、中敷きは余裕があれば、

 

という感じですね。

 

靴をローテーションすることの方が効果が大きいので、そちらを優先して下さい。

 

 

 

ちなみに素足で靴を履く子もいると思いますが、中敷きが傷みやすくなりますし、汗や垢などが付着して

 

余計に雑菌が繁殖しやすくなるので、できるだけ裸足で靴は履かせない方が良いと思います。

 

足が綺麗に洗えていない

 

 

 

ここまで靴や靴下による対策を書いてきましたが、当然足を清潔に保つことは基本中の基本。

 

特に足を洗う際に意識したいのは、雑菌のエサとなる角質を落とすことなんですが、

 

実はこれが結構難しいんですよね…。

 

足の角質はとても硬くなっていて、普通の洗い方をしているとと大人ですら綺麗に落としにくいものなんです。

 

 

 

足の臭いが洗っても取れない場合は、イソ吉草酸が角質層に入り込んでいる可能性もあります。

 

ですから、足の臭いが気になる子は、↓で紹介する方法での洗い方を教えてあげるようにしましょう。

 

 

角質を落とす足の洗い方

 

 

 

まずは足の角質まできっちり落とす洗い方の手順をご紹介します。

 

  1. 洗面器などにお湯を張り、足を5分〜10分程浸す
  2. 固形石鹸を手で泡立て足全体につける
  3. 足の甲・裏・指の間をしっかり手で洗う
  4. 爪の周りなどは柔らかめの歯ブラシなどを使って肌を傷つけない程度にこする
  5. 足についた石鹸を綺麗に洗い流し、水分が残らないようにしっかりタオルで拭きとる

 

 

まず最初にお湯に浸すのは角質を柔らかく取りやすくするためです。

 

これがちょっと時間がかかりますが、これをしないと思うように角質が取れないんです。

 

 

 

次にポイントとなるのが、身体を洗うために使うボディソープではなく固形石鹸を使うこと。

 

一般的なボディーソープは保湿成分が含まれていますが、足に保湿してしまうと、余計に雑菌が

 

わきやすくなってしまうため、足だけは固形石鹸を使う方が良いんですよね。

 

特に後で紹介する足用石鹸は、角質を取りやすく、殺菌・消臭効果もあるのでおすすめです。

 

 

 

手で洗うのは、足の表面に傷をつけないため。

 

身体を洗う時にナイロンタオルなどを使う家庭もあると思いますが、ナイロンタオルは足に限らず

 

皮膚を傷つけやすく、湿疹が出るなど悪影響が結構あるんですよね。

 

足の場合は、雑菌やニオイ物質が傷ついた皮膚の表面に入り込み、余計に臭いが取りにくく

 

なってしまう可能性があります。

 

 

 

ただ、爪の周りや間は手では届かない部分もあるため、そういう時は柔らかい歯ブラシなどで、

 

優しくこすってあげると良いでしょう。

 

このような隙間は雑菌が多いため、特に入念に洗わないといけないのです。

 

もちろん、足の爪の伸ばしすぎはダメですよ!

 

 

 

最後は雑菌がわかないようにしっかりダオルで水分を拭き取りましょう。

 

せっかく洗っても水分が残っていると、いきなり臭くなることもあるので…。

 

 

家族で使える足用石鹸がおすすめ!

 

 

 

上でも少し触れましたが、洗う時には足用の固形石鹸を使うのがおすすめです。

 

なぜなら、これを使うだけで他の対策にそこまで神経質にならなくても済むくらいに効果があるから。

 

もちろん、消臭剤なんかも必要なくなります。

 

 

 

我が家で愛用しているのは「アニセ薬用石鹸」という↓の黒い石鹸です。

 

 

 



 

 

 

この石鹸は薬用炭・ベンナイトという成分が含まれ、足の角質や皮脂などの臭いの元となるものを

 

取る成分が含まれているはもちろん、柿渋エキス・ミョウバンといった殺菌・消臭成分も含まれています。

 

普通の固形石鹸だと洗った直後は臭いが無くなりますが、すぐに臭いが復活したりしますよね?

 

その点「アニセ薬用石鹸」は、角質除去や殺菌効果がしっかりしているため、1日中靴を履いた後でも、

 

足の臭いが気にならなくなるんです!

 

 

 

実際の実験データでも、アニセ薬用石鹸を90日間使うことで、帰宅後の臭気指数が33から2に減ったという

 

驚きの結果が出ています。

 

臭気指数で33と言えば、2,3人がたばこを吸っている室内やガソリンの給油時の臭いよりも強い臭いです。

 

臭気指数2と言えば梅の花ですら10ですからほぼ臭わないものと思って良いでしょう(→参考ページ

 

元々臭かった人が、帰宅してからもほぼ臭わなくなるってすごいですよね?

 

医薬部外品に指定されているので安全性も折り紙つきです。

 

 

 

 

実際に我が家でも使ってみたところ、最初の1カ月はそれほど効果があるようには思えませんでしたが、

 

1カ月を過ぎた頃から徐々に臭いが薄くなってきたと感じられるようになり、2カ月を過ぎた頃には、

 

息子の足が臭かったのを忘れるくらいにまでなりました。

 

 

 

この素晴らしい効果を見て、今では家族全員がお風呂入った時に使うのが日課になりつつあります。

 

(ひそかに私もたまに足が臭うことあるので…。)

 

 

 

石鹸としては定期購入で2,980円と決して安いものではありませんが、消臭剤を買ったり、

 

こまめに靴の中敷きを変えたりするくらいなら、割に合う買い物だと思います。

 

家族全員で使えるものですしね。

 

 

 

あなたも子どもの足の臭いが気になる、というお悩みを持っているのなら、まずは足用石鹸を試してみては

 

いかがでしょうか?

 

靴の天日干しや洗濯と一緒に行えば、効果バツグンですよ!

 

(この石鹸を使って靴を洗ってる人もいるようです。)

 

 

 

 

 

 

臭いの悩みは歳を重ねるほど、深刻な悩みになります。

 

お子さんが将来悩まないように、なるべく早めに解決してあげてくださいね!